アンケート集計結果

2015年10月18日に実施したJ.M.Sのアンケートの集計結果のご報告です。

 

受診者アンケート集計結果

1)JMS実施日:2015年10月18日(日)

2)JMS実施施設数:364施設

3)アンケート回収枚数 5,942枚:(2015年12月20日現在確認分)

 (2014年度アンケート回収枚数:4,260枚)

1.アンケート回収医療施設数・受診者数

地区 登録
施設数
回収
施設数
回収受診者数
①北海道 33 25 447
②東北 17 11 342
③関東 90 56 1,263
④中部・東海 50 34 907
⑤北陸 8 6 142
⑥近畿 64 42 1,140
⑦中国・四国 44 40

791

⑧九州・沖縄 58 42 910

364

256 5,942

2.受診年齢

年齢区分 受診者数 構成比
①20歳未満 1 0.0%
②20~29 199 3.3%
③30~39 1,084 18.2%
④40~49 2,145 36.1%
⑤50~59 1,296 21.8%
⑥60~69 770 13.0%
⑦70〜 346 5.8%
⑧無回答 101 1.7%
5,942  

3.受診者職業(アンケート未提出者を除く)

職業 人数 構成比
①就業中 4,174 70.2%
②専業主婦 1,349 22.7%
③学生 13 0.2%
④無職 238 4.0%
⑤その他 112 1.9%
⑥無回答 56 1.0%

5,942

 

4.何でJMSをお知りになりましたか?(複数回答可)

手段 人数 構成比
①病院のポスター 1,240 20.7%
②病院のホームページ 804 13.4%
③自治体広報 1,323 22.1%
④情報誌 405 6.8%
⑤家族・友人 693 11.6%
⑥職場 228 3.8%
⑦その他 1,290 21.6%

5,983

 

その他の一例:

  • 病院からのDM
  • 病院への予約時
  • 地域情報誌
  • 新聞
  • ラジオ・テレビ
  • 各自治体や病院のホームページやSNSなど
  • 駅前で配布されていたJMSのチラシ
  • 駅前でのティッシュ配りで知った
  • 以前にJMSで受診した事があるので知っていた
  • 駅の掲示板にJMSのポスターが掲示されていた
  • ピンクリボンのイベントで
  • 病院の送迎バスのチラシ

 

5.今回受診された理由(複数回答可)

手段 人数 構成比
①日曜日だから 2,720 35.5%
②無料クーポン受給 771 10.1%
③不安があるので 1,516 19.8%
④市民検診 801 10.5%
⑤家族のすすめ 477 6.2%
⑥友人、職場のすすめ 386 5.0%
⑦JMSを知って 437 5.7%
⑧その他 548

7.2%

7,653  

6.受診頻度について

頻度 人数 構成比
①初めて 1,565

26.3%

②毎年 1,538 25.9%
③2年に一度 1,119 18.8%
④数年前 1,463 24.6%
⑤その他 159 2.7%
⑥無回答 98 1.6%
5,942  

7.受診者さまよりの声(一例)

ご意見等

  • 働いていると日曜日の検診は有難いです。
  • 日曜日だと子どもを見てもらい健診に来れるので有難いです。
  • 毎年、時期になると健診の案内を郵送頂いてとても助かっています。また来年もお願いしたいと思っております。
  • 色々と説明を受け、今後気を付けたいと勉強になりました。
  • 今回初めて乳がん検診の大切さや手で触れて乳がんを見つける方法を教えて頂きました。
    自分の体なのに無関心だったことを反省します。
  • 栄養士の話が聞けるなどの工夫はとても良いと思う。
  • 自分での検診方法などネットなどではよくわからなかったが、先生から教えてもらうことができて良かったです。
  • 女性の先生と技師さんが担当して下さったので安心して受けることができました。前回受診した病院のデータと比較して下さったのも安心できて良かったです。
  • 女性の技師さんで安心です。痛くありません。
  • 気軽に申し込める今回のような企画は助かります。情報紙に載ってたのも良かったです
  • 以前は市の検査を受けていましたが、予約をしても待ち時間が長かったりなかなか日程があわなくあきらめていました。自費でもゆったりした気持ちで受けられますのでもっと多くの人に知ってもらいたいです。
  • 先生も技師さんも女性の方で丁寧に優しく見て頂き安心できました。今後も出来れば女性の方にお願いしたいと思います。
  • 今回の時は思ったより痛みがやわらいだ。前回はとても痛かった
  • 日曜日に予約制で検査から結果還元まで行って頂けてとても便利でした。受診しやすいです。
  • このアンケートで初めてJMSという企画を知りましたが、良い企画だと思うのでもっと広がれば良いと思います。
  • スタッフが全員女性というのが、今回検査しようと思った大きな理由です。
  • テレビで乳がんの報道を見て、自分も受けてみようと思いました。 小さい子どもがいるので日曜に乳がん検診が行われる病院が増えると嬉しいです。
  • 仕事をしているため平日は伺うことが難しいので、日曜日の検診は大変良い取組でした。朝のテレビの紹介もとても良いと思いましてすぐTELさせて頂きました
  • JMSのHPを見つけて受診の機会を作ることができました。電話予約 受診に至るまでとても親切に説明いただき良かったです。
  • セルフチェックの仕方がわからなかったので直接聞くことができてよかった。広報とかにもわかりやすく載ってると忘れないので載せてほしい。
  • 思ったより簡単だったので、またぜひ受診したい。休日に受診してもらえるととても助かります。
  • 2年前まで毎年受診していましたが2年に1度で良いとのことで、久しぶりに来て機械も変わっていてちょっととまどいました。日曜日で静かで対応が良くて安心して受診できました。

ご要望等

  • 10月だけでなくこれからは毎月してほしいです。
  • 10月に2回して下さると閉経前の人の周期によって選べていいと思います。
  • 子宮がんも日曜日にやっていただけると有難いです。
  • エコーも出来ればいいなと思います。
  • なかなか会社を休みづらいでの、もう少し日曜検診を増やして欲しい。
  • マンモグラフィ痛いです。もっと痛くならないで調べられるようになったらいいと思います。
  • もう少し広く告知して欲しい。
  • 隔週でもよいので婦人科の検査が土日にあると助かります。
  • 当日結果がわかるほうが良い。
  • 年に2回くらい日曜に受けられる日があると良い。
  • 不安より安心を!!
  • 婦人科の方も一緒に検診して頂けたらと思います。


※日曜日に受診出来たことの感謝と引き続き行って欲しいご意見が圧倒的に多かったことを付け加えておきます。
※昨年より日曜日に子宮頸がんや婦人科の検診も受けたいと言う意見が増えました。
 女性特有のがんへの関心が高くなっていると思います。

 

J.M.S賛同医療機関アンケート集計結果

1)JMS実施日:2015年10月18日(日)

2)JMS実施施設数:364施設

3)アンケート回収施設数:256施設  ※未回収施設108施設(2014年12月22日現在)

 (2013年度アンケート回収施設数:240施設  ※未回収施設112施設)

1.2014年度 J.M.Sに参加して

頻度 人数 構成比
①良かった 236 92.2%
②良くなかった 1

0.4%

③どちらでもない 8 3.1%
④無回答 11 4.3%
256  

「良くなかった」と答えた理由

  • キャンセルがあること、職員の負担になること、採算が取れないこと

 

「どちらでも無い」と答えた理由

  • もう少し参加人数が多いと思っていたので予想外の展開だった
  • 受診者がいなかったので
  • 例年同時期に日曜検診を行っており、今回受診され方の中にはJ.M.Sとして受診された方はいらっしゃいませんでした
  • 芸能人の乳がん発表後申し込みが多くなり希望者全員に実施できなかった
  • 積極的な広報活動が行えていない

2.今回の結果について

1)受診者数 ※回答256施設の合計

2013受診者数 2014受診者数 2015受診者数

5,025

回答229施設の合計

5,028

回答255施設の合計

6,952

回答256施設の合計

2)検査種別内訳

種別 受診者数 構成比
①自主検診 2,896 41.9%
②市民検診 2,891 41.8%
③無料クーポン使用 809 11.7%
④企業検診 81 1.2%
⑤その他 240 3.5%
6,917  

3.貴エリアにおけるマスコミの報道について教えてください。

媒体名 施設数 構成比
新聞 57

44.5%

地域広報誌 34 26.6%
テレビ 16 12.5%
情報誌 7 5.5%
ラジオ 4 3.1%
その他 10 7.8%
128  

4.貴機関独自の広報活動について教えてください.

媒体名 施設数 構成比
院内での広報 192

37.8%

各情報媒体への掲載 142 28.8%
街頭・近隣施設での広報 75 14.8%
インターネットでの広報 81

15.9%

DM・ポスティング 15 3.0%
その他 3 0.6%

508

 

4-1)独自の広報活動内容(ポスターの掲示場所)

分類 内容
病院関連施設 外来受付 ロビー・待合 外来掲示板 レントゲン室前 院内レストラン エレベーター前 営業者・送迎車

系列病院

公共施設 市町村役所 公民館 幼稚園・保育園 図書館 保健センター 体育館 バス待合所  
一般施設 コンビニ・スーパー 飲食店 携帯ショップ スポーツクラブ 公衆浴場 美容室 駅コンコース 金融機関
商業施設 企業施設            

4-1)独自の広報活動内容(活動媒体)

内容
地域情報誌 街頭活動にてティッシュ配布

病院ホームページ

DM(過去の受診者など) FacebookなどのSNS 地域回覧板
電子メール配信 病院施設のライトアップ 各施設の掲示板
病院の市民講座 地域防災無線 営業者・送迎バスに掲示
町の有線放送 街角健康チェック時に告知  

6.来年度の参加について

項目 施設数 構成比
①参加する 219

85.5%

②参加しない 0 0.0%
③今のところ不明 36 14.1%
④無回答 1 0.4%
256  

7.賛同医療機関様からの声(一例)

ご意見等

  • 「日曜日だから」という理由で受診した方が多く、参加して良かったです。 リピーターの方もいて、年々JMSが地域で浸透して  きていると感じます。
  • この機会を今後に繋げて考えて頂けるキッカケとなった。
  • 3年目も継続して日曜日という事で来て頂いた方もおり周知されてきたと感じます。
  • 日頃、当院で乳がん検診や検査を実施していることをPRできる良い機会だと思っております。 今後もこのような機会に積極的に賛同し地域への医療活動を行っていけたらと考えております。
  • H21より参加しているが年々口コミなどで情報が広がりJMSの認知度もあってか参加人数が増えている。
  • お仕事されている方が喜んでいた。
  • 毎年の行事となっており受診者も増えつつある。
  • 北斗晶さんの報道とも重なりマンモグラフィへの関心を持ってもらえる機会・コマーシャルの場となったと思う。受けられて良かったという声を多数聞けた。
  • JMSの日に昨年も検診をしましたと話される方がいらっしゃいました。意識づけになっているようです。継続していくことが大切だと思いました。
  • 今年度より月1回日曜健診を始めこの日をレディースデーとし他の検診も実施できた。
  • 働く世代への地域貢献が出来た。新患検診初回の方も多く、これをきっかけ繰り返し検診に繋がればと思います。
  • ポスターがわかりやすい内容で目立ちます。  スーパーに貼らせてもらいましたが多数から申し込みがあった。
  • 日曜日の受診を喜んでもらえたり、またこちら側も平日の混雑時と比べスムーズな対応ができる。他の自治体検診の受診をして頂くキッカケにもなった
  • 平日午前中には来られない方々がたくさんお越しいただき乳がん検診への興味が高いことがわかった。
  • 当日JMSを知って受診された方はいなかったが、ポスター掲示をすることで、マンモグラフィ検査に興味を持っていただけた。
  • 日曜に開催されるため各部署との運用調整が大変な部分もありますが、毎年予約がすぐに埋まってしまい受診者の方からも喜びの声が聞かれる。

 

ご提案ご要望

  • まだ一般的にJMSを知らない方も多いので、更に広報活動を行って頂ければと思います。
  • 受診者にJMSからのちょっとした景品があると嬉しい。
  • 広報をもっと充実して頂ければ。全国報道、TVなどで!
  • 一般市民への広報が不足してると感じる。
  • 自治体に働きかけて一緒に広報活動などして頂けるともっと広く周知して頂けると思います。
  • 定員オーバーで受けられない方が10名以上おられた。市の検診時期(6 3月)でもう1日実施されてもよいと感じます。
  • マンモグラフィの有効性についての宣伝効果は非常に高く多くの方に認識されていると思います。
  • 対象者の年齢や超音波との併用検査などもすすめて頂くと予防医学の向上につながると思います。
  • 今年は申し込みがあるかなと思っていましたが、全国的にも受診率が少ないことから、まだまだ広報が足りないのではないでしょうか。
  • JMSからももっとキャンペーンを行っていただき、年に2回くらい働く女性のためのJMSや平日受診できる職場作りをお願いしたいと思います。

 

※アンケート結果を参考に来年度もJ.M.Sを実施したいと考えています。

 

本年のご意見もJ.M.Sの広報の拡大を望まれる声が多くありました。 J.POSH事務局でも、マスメディアと自治体に4月にお手紙でのJ.M.Sの掲載・報道の依頼を行っています。しかし、10月初旬にTVでの紹介報道や新聞、タウン誌、自治体広報誌への掲載が有効と考えますが、費用の面でとても独自の広報活動は難しい状態です。地域での広報活動を行っていただければ幸いです。

本年は9月末に北斗晶さんの乳がん手術の告知があり、J.POSHへもTV局、新聞社、タウン誌からJ.M.Sの問い合わせが、事務局にも多数ありました。放映や掲載された地区では、受診予約が増え「予約締切」の掲載も昨年より多く、電話が繋がらない等のクレームや予約電話番号を教えて欲しいとの電話やメールが事務局にも多く送られてきました。特に今年は、連絡のあったマスメディア、自治体の皆様に「来年も掲載をお願いします。」とお願いしております。ご意見の中にも毎年J.M.Sを開催することで、知る人が増えているとのお話しもありますので、少しづつでも受診者の皆様にJ.M.Sが浸透するようにご協力をいただきたいと思います。

また、今年は申込がありませんでしたが、独自にJ.M.Sを実施されている医療機関様や市民検診の一環として、10月の第三日曜日に市民検診を実施されている自治体さんがおられることも分かりました。J.M.Sがさらに広がっているように感じました。

私たちはJ.M.Sを応援しています(協賛サポーター)

J.POSH公式Facebookページ

J.M.S体験者 受診者・検診従事者の声

J.M.S2013実施日 アンケート結果

広報・配布用素材ダウンロード